3月決算企業の配当基準日過ぎちゃった2013/03/27 09:41

あーあ。
予期していたことですが、2週前に証券会社すべてに相続関係書類の提出を終えてなお、大半の株式の移管はなされませんでした。これで5月から6月にかけて死者の口座にじゃらじゃらと配当金が振り込まれることになります。口座を止めると後から郵便局で換金する為替のようなものがバラバラ届くはず。それはあまりにめんどうくさい。
地元の信用金庫の口座ですが、これで7月まで親父死亡後の手続きできなくなってしまいました。

睡眠口座2013/03/21 10:58

6年前、実家を売却する際、手許にある親父の口座はゆうちょ銀行のものしかなく、1千万円を超えて売却代金決済はできないだろうと近所の都市銀行に口座開設に行きました。すると、実家のある市に口座があるので開けないとのこと。親父はもとより兄弟に聞いても誰も心当たりがない。

それで今回の相続のため実家があった市に戸籍謄本を取るなどの目的で行ったとき、その今はメガバンクと言われる銀行の支店に寄り、「名寄せ」というものをしてもらいました。ありました。しかも二つ。銀行が経営統合を繰り返した結果、そうなったに違いない。

明日その2口座にある4万円弱を引き出しに行くのですが、そういう睡眠口座、たくさんあるのでしょうね。

関西にある戸籍を何部取るかが悩ましい2013/03/05 18:37

親父の戸籍が関西に2本あり、閉じた戸籍は750円もするし、自店でコピーして対処してくれる金融機関もあったりするので、生前に一部ずつ取ったほか、逝去後各二部、さらに追加して各四部取っています。

あと何部謄本自体が要るのか、決めるのが悩ましい限りです。
逝去後、余るほど取っておけば、出すべきところにすべて出せていて、気楽さを金で買えたなあというようにも思います。

遺言の検認は一番早くて4月9日だって2013/03/01 17:41

東京家裁からやっと電話、
ひえー。2月を含むとは言え、死亡日から2か月10日だ。
遺言でさっさと相続を片づけるのは公正証書遺言しかないってことですね。

そうだ。相続の放棄はすぐさま行った方がいいみたい2013/03/01 16:44

何で放棄するのかというと、それは借金の相続の放棄だから。

債権者から次々に相続人に請求すると、次々にみんな相続放棄して、もともと相続人でない人が相続人になりそこに請求がいくことがある。知り合いにそういうことが発生して、経験もないのに「すぐに家裁に行って相続放棄の申述書を出して」と言ったら、割と簡単に済んだようでした。放棄するのだから「被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本を持ってきて」とさすがに言わないか。