臆病だったのか勇敢だったのか2013/03/09 17:52

今日、TVでタレントの田中美奈子がタイで象に乗るのを観ました。
あれは1998年6月。私と親父がタイ・サムイ島で象に乗ったことを思い出しました。親父は72歳になる直前でした。私は象の背の高さに大いに恐怖しました。

たぶんその翌年に行ったペナンで親父はパラシュートを背負ってモーターボートで洋上を凧のように揚げてもらうパラセーリングもやったはず。2005年、知床では、高い所があまり好きでない私が途中で引き返したゴジラ岩を1人で登り降りしていました。

私と住む以前も、ツアーや友人同伴とは言え「アルファベットもわからないのによくそんな外国に行ったなあ」とあきれる話を後から聞きました。

役所や銀行の窓口にも行けない臆病者なのに、楽しみには貪欲な親父でした。

コメント

_ http://taniabyrd.weebly.com ― 2017/05/09 14:00

I'm so happy to read this. This is the type of manual that needs to be given and not the accidental
misinformation that's at the other blogs. Appreciate your sharing this greatest doc.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://htaiji.asablo.jp/blog/2013/03/09/6741852/tb