これ、おかしくない?年賀状の宛名2012/12/31 00:10

父には歳離れた妹が多く、私にとってその人たちが叔母だけれど、向こうから届く年賀状の送り主は血縁もないその配偶者の名で来るので、何か変だなあ、その配偶者宛に送るべきなのかなあと毎年考えます。

同じように、都心に勤務していた頃、ママにかわいがっていただいたように思う居酒屋からも、そこは今には珍しく住居付の店舗で、店を手伝っていたわけではない元サラリーマンの旦那の名で年賀状が来ます。ママのことはお世話になった、姉のように思っているけど、旦那の名に向けて出すのはどうも叔母の家と同じく違和感がある。

今は父を長時間放っておけず不義理が続いているので、もう年賀状も止めっかと思ったところです。

コメント

_ Ice Cube ― 2013/01/03 23:37

日本の変な伝統の守り方の一例ですよね。
伝統行事を新暦で開催したり。
年賀の挨拶を行うにしても、歳末のうちに準備して発送しておきながら(しかも郵送で)、それでも家長が仕切るから家長たる夫の名前「だけ」にするのが正しいとか決めてる人がいるんですよね。
誰かがどう決めると、よくわからない人はそれに従っちゃうので、変な伝統まがいの慣例や行事の多いこと、多いこと。
冠婚葬祭をやると、特に変な疑似前例主義に悩まされます。

_ BHW ― 2017/04/13 09:43

Good post. I learn something totally new and challenging on blogs
I stumbleupon on a daily basis. It's always exciting to read content from
other authors and practice a little something from their web sites.

_ BHW ― 2017/04/14 03:51

We are a bunch of volunteers and opening a brand new scheme in our community.
Your site provided us with useful information to work on. You've
performed an impressive task and our entire group
might be thankful to you.

_ setsukocyr.soup.io ― 2017/04/29 20:24

I drop a comment when I especially enjoy a post
on a website or if I have something to contribute to the conversation. Usually it is triggered by the
sincerness communicated in the post I looked
at. And after this post これ、おかしくない?年賀状の宛名:
大正15年生親父との東京下町暮らし. I
was moved enough to write a thought ;-) I actually do have a couple of questions
for you if it's okay. Could it be only me or does it seem like
a few of the responses look like they are left by brain dead people?

:-P And, if you are writing on additional places, I'd like to keep up with you.
Would you list the complete urls of all your social sites like your Facebook page, twitter feed, or linkedin profile?

_ manicure ― 2017/05/03 22:45

Hi, i feel that i saw you visited my blog thus i got here to return the favor?.I'm attempting
to find things to enhance my site!I suppose its adequate to use a few of your concepts!!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://htaiji.asablo.jp/blog/2012/12/31/6675548/tb